を開発した実践的な手続の迅速化と費用対効果の合成中小規模の膜タンパク質複グラム規模での利用により自動Fmoc。 後に添付の取り外し可能なアルギニン-タグ付きの基幹改質グループは、膜タンパク質セグメントの動作とほぼ同じ通常の水溶性ペプチドのFmoc固相合成法で合成し、ライゲーション精製し、質量分析評価 の効率性と実用性の方法を使用していただけるように、成功裏に作成Ser64-リン酸化M2プロトンチャネルからインフルエンザウイルスの膜組み込みドメインの内向き整流K+チャネルタンパク質Kir5.1.


図1. 着脱可能Arg-タグ付きの基幹改変のための化学合成膜タンパク質の

参考:

------------------------------------------------------------------------------------

1.鄭,J.S.,et al. 迅速合成の中小規模の膜タンパク質によFmoc。 雑誌名のアメリカ化学Society136,3695-3704,doi:10.1021/ja500222u(2014).

2. 鄭,J.S.,et al. 強化学合成膜タンパク質のより一般的な方法は取り外し可能な骨格をもつ。 雑誌名のアメリカ化学Society138,3553-3561,doi:10.1021/jacs.6b00515(2016年度)

3. Li,J.B.,Tang,S.,鄭,J.S.,田,C.L.&Liu,L.着脱可能な基幹改質方法は、化学合成膜タンパクである。 金の化学research50,1143-1153,doi:10.1021/acs.ます。7b00001(2017年度).

引用を要求
もう好きにしちゃってください問い合わせ(含むペプチド配列,純度,量,変更等の申し)によるメッセージ。 ご連絡いたしますお早めに、通常は24時間で営業日かかります。 送信してくださいメール:sales@difficultpeptide.com バルク注文のペプチドである。 感謝です。
無料相談

無料相談

    ご興味のある方は製品にもっと知りたいと思った詳細メッセージをどうぞここで、以降の回答となりますのでご了承ることができます。

ホーム

製品

ニュース

連絡先