サービス コンテンツ:


(1) 既知の構造に基づくカスタムペプチドライブラリ


既知の化合物の構造に基づいて、以下の方法を含むがこれらに限定されない一連のポリペプチドが構築および設計され、標的薬物で新しい分子または新しい構造を得るために、標的化合物の機能および適応症についてスクリーニングされる。効果。


N末端、C末端、側鎖 変更: アシル化、エステル化、PEG化、 ベータ-アミノ 酸置換、dアミノ酸置換、主鎖アミノメチル化、 ジスルフィド 結合置換、立体配座ロック(ヘリックス、 ベータシート) 、ミラーペプチド、環状ペプチド (エンドツーエンド 環化、側鎖環化)、特殊分子マーカー、ヒドロキシル酸 置換


(2) ファージディスプレイペプチドライブラリー


ランダムなポリペプチドセグメントをコードする遺伝子を人工的に合成し、クローンを作成します これら 遺伝子 に ファージベクター、およびファージエピトープディスプレイ技術を介してファージの表面にポリペプチドを1つずつ表示して、ポリペプチドを構築する ライブラリー いつ スクリーニングは、特定の受容体標的とペプチドライブラリー内の特定のペプチドとの間の特定の相互作用に基づいて、特定の標的に結合するペプチドをスクリーニングします from ライブラリ。


(3) 1つの菌株と1つの物質の化学結合ペプチドライブラリ


コンビナトリアルライブラリーは、 レジン 上でペプチドをランダムに合成することにより、数万のペプチドが合成されるペプチドライブラリーです。 用 たとえば、 5-ペプチド ライブラリ だろう 55個のペンタペプチドと 9-ペプチド がありますライブラリ だろう 99個の ノナペプチド 次に、 中 スクリーニングは、特定の受容体標的とペプチドライブラリー内の特定のペプチドとの間の特定の相互作用に基づいて、特定の標的に結合するペプチドをスクリーニングします。


(4) DNAエンコード 化学結合ペプチドライブラリ


ポリペプチドはキャリアレジン上でランダムに合成され、 DNAによって合成された数千のポリペプチドとDNAで構成されるペプチドライブラリーも含まれています。各アミノ酸は、いくつかのヌクレオチドに対応して合成され、 ポリペプチド の情報をエンコードします。 いつ スクリーニングでは、受容体ターゲットを蛍光分子に接続する必要があります。 もし ペプチドが受容体に結合すると、対応する樹脂は 蛍光を発します。 次に これら を使用します PCR のテンプレートとしての蛍光樹脂増幅し、ペプチドを取得するためのシーケンス 情報

引用を要求
もう好きにしちゃってください問い合わせ(含むペプチド配列,純度,量,変更等の申し)によるメッセージ。 ご連絡いたしますお早めに、通常は24時間で営業日かかります。 送信してくださいメール:sales@difficultpeptide.com バルク注文のペプチドである。 感謝です。
無料相談

無料相談

    ご興味のある方は製品にもっと知りたいと思った詳細メッセージをどうぞここで、以降の回答となりますのでご了承ることができます。

ホーム

製品

ニュース

連絡先