ポリユビキチン鎖の

採用戦略のヒドラジドの製造方法に基づくネイティブ化をライゲーションおよびマイクロ波アシストの固相ペプチドの合成(SPPSし、達成の形態のdi-ユビキチン(直線、K6/K11/K27/K29/K33/K48/K63リジユビキチン). また導入することにも成功したのtri-ユビキチン、テトラ-ユビキチン.

をK27リジユビキチンとして、たとえば、トリフルオロ酢酸(TFA)-弱1-(2,4-dimethoxyphenyl)-2-mercaptoethylの補助用のペースで建設を進め、イソペプチド結合します。 のK27クdiUbを含む152アミノ酸に分断されるペプチドのセグメントは、Ub[Cys(Acm)46-Gly75]-NHNH2(1),Ub[Met1-Lys(Aux-Gly)27-Phe45]-NHNH2(2),Ub[Met1-Phe45]-NHNH2(5)、Ub[Cys46-Gly76](7). Ala46各Ubユニットを一時的に変異をCysとして、ライゲーションサイトです。 Gly76の遠位Ubした2つのビルブロックglycyl補助. るアセトアミドメチル(Acm)グループを保護するチオール基のN末端がCysのセグメント1回避ゴや自己環化反応. 合成開始とライゲーション1と2を3のLys27クイソペプチド結合します。 にAcm、Auxグループを削除できる4. 後の二段階のライゲーション反応、脱硫装置を実施したすべてのCys残基のネイティブAlaいている可能性を示した。 の全長のペプチド8にした上で得た50mg規模の総合利回りは4.5%(図1)。

図1. 合成ルートのK27リジユビキチン


参考:

-----------------------------------------------------------------------------------

1.Pan, M. et al. Quasi-Racemic X-ray Structures of K27-Linked Ubiquitin Chains Prepared by Total Chemical Synthesis. Journal of the American Chemical Society138, 7429-7435, doi:10.1021/jacs.6b04031 (2016).

2.  Gao, S. et al. Monomer/Oligomer Quasi-Racemic Protein Crystallography. Journal of the American Chemical Society138, 14497-14502, doi:10.1021/jacs.6b09545 (2016).

3. Liang, J. et al. Chemical Synthesis of Diubiquitin-Based Photoaffinity Probes for Selectively Profiling Ubiquitin-Binding Proteins. Angewandte Chemie56, 2744-2748, doi:10.1002/anie.201611659 (2017).

引用を要求
もう好きにしちゃってください問い合わせ(含むペプチド配列,純度,量,変更等の申し)によるメッセージ。 ご連絡いたしますお早めに、通常は24時間で営業日かかります。 送信してくださいメール:sales@difficultpeptide.com バルク注文のペプチドである。 感謝です。
無料相談

無料相談

    ご興味のある方は製品にもっと知りたいと思った詳細メッセージをどうぞここで、以降の回答となりますのでご了承ることができます。

ホーム

製品

ニュース

連絡先