出版物
Liang,J.Zhang,L.,Tan,X.L.Qi,Y.K.,Feng、也,H.,Yan,Y.,鄭,J.S.,Liu,L.Tian,C.L.(2017年度)."化学合成のDiubiquitinに基づく光親和性プローブを選択的にプロファイリングユビキチン結合タンパク質"AngewChem Int Ed Engl56(10):2744-2748.
Li,J.B.,Tang,S.,鄭,J.S.,田,C.L.and Liu,L.(2017年度)."着脱可能な基幹改質方法は、化学合成膜タンパク質の"Acc Chem Res50(5):1143-1153.

Li,J.たいLiu,Y.Liu,S.,Tang,S.,Li,C.,日,D.,Li,X.,Zhou,M.,Zhu,P.,Bi,G.,Zhou,Z.,鄭,J.S.や天,C.(2017年度)."化学合成のK34‐Ubiquitylated H2Bのためのヌクレオソーム再構成と単一粒子クライオ電子顕微鏡構造解析"Chembiochem18(2):176-180.
Zuo、唐,S.,Si,Y.Y.,Wang Z.A.,田,C.L.鄭,J.S.(2016年度)"効率的な成長髄ペプチド経由で着脱可能な基幹変更"Org Biomol Chem14(22):5012-5018.
鄭,A.Y.,王,T.,鍋,M.,Li,Y.M.、Tian,C.L.(2016年度)"選択性とそのメカニズムポリユビキチン鎖Hydrolases"の進捗生化学-生物物理43(9):864-879.

鄭,J.S.,He,Y.,Zuo、Cai、X.Y.,Tang,S.,Wang Z.A.,Zhang,L.H.,田,C.L.and Liu,L.(2016年度)"強化学合成膜タンパク質のより一般的な方法は取り外し可能な基幹改良"ジャムChem Soc138(10):3553-3561.
Yu,M.,Liu,S.L.日、P.B.,Pan,H.,田,C.L.Zhang,L.H.(2016年度)"ペプチド毒素小分子の拮抗薬のBKチャネルの"模倣品-海賊版拡散防止条約Pharmacol Sin37(1):56-66.

Wang Z.P.A.,田,C.L.N.、鄭,J.S.(2016年度)"構造デザイン性分析のポリアミド基の構造とペプチドの二次構造を模した"進化学28(9):1328-1340.
Wang Z.P.A.丁、X.Z.Z.,田,C.L.鄭,J.S.(2016年度)"タンパク質/タンパク質ペプチドの二次構造を模したデザイン、キャラクタリゼーション、ならびに変調のタンパク質‐タンパク質相互作用の"Rsc Advances6(66):61599-61609.

Huang,Y.C.Chen,C.C.ガオ,S.,Wang,Y.H.,Xiao,H.,Wang,F.,田,C.L.Li,Y.M.(2016年度)"の合成研究ユビキチンによるワンポットライゲーションおよび金属‐無料脱硫装置"化学22(22):7623-7628.
Qi,Y.K.,Chang,H.N.,鍋,K.M.,田,C.L.鄭,J.S.(2015年))が見込まれています。"総合化学合成、サイト選択アジ化‐標識[I66A]HIV‐1プロテアーゼ"Chem Commun(Camb)51(78):14632-14635.

郭,日,D.M.,Wang,F.L.,He,Y.Liu,L.Tian,C.L.(2015年))が見込まれています。"Diaminodiacid橋梁の改善及び折り畳みチューンの生理活性のジスルフィド結合が豊富なペプチド"Angew Chem Int Ed Engl54(48):14276-14281.
鄭,J.S.,Yu,M.,Qi,Y.K.,Tang,S.,Shen,F.,Wang Z.P.Xiao,L.,Zhang,L.,田,C.L.劉特論(2014)."迅速合成の中小規模の膜タンパク質によFmoc化学"J Am ChemSoc136(9):3695-3704.
パン,M.,He,Y.,文M,Wu,F.,日,D.,Li,S.,Zhang,L.,Li,Y.とTian,C.(2014)."ワンポットヒドラジドの製造方法に基づくネイティブ化をライゲーションを効率的に化学合成と構造決定の毒素Mambalgin‐1"

Chem Commun(Camb)50(44):5837-5839.
Chen,Y.Q.Chen,C.C.,He,Y.,Yu,M.,Xu,L.,天、郭慶元-市,J.Zhang,M.and Li,Y.(2014)."効率的な合成trpsin阻害剤SFTI‐1経由分子ペプチドをライゲーションヒドラジドの製造方法"Tetrahedron Letters55(17):2883-2886.

Chen,C.Huang,Y.,Xu,L.,Zheng,Y.,Xu,H.,郭慶元-天、Li,Y.や市J.(2014)."チオール‐シone‐pot合成ペプチド/タンパク質のC末端thioacidsからペプチド/タンパク質hydrazidesでの中性条件"OrgBiomol Chem12(46):9413-9418.
Liang,J.,Fang,G.,黄,X.,Mei、Z.,Li,J.Tian,C.and Liu,L.(2013)."化学合成のUb‐AMC経ペプチドをライゲーションhydrazides科学"中国化学56(9):1301-1306.

Cui,H.K.,郭,彼,王,F.L.チ、H.N.,Wang,Y.J.,Wu,F.M.,田,C.L.劉特論(2013)."Diaminodiacid系の固相合成ペプチドのジスルフィド結合形成を模した"Angew Chem Int Ed Engl52(36):9558-9562.
引用を要求
もう好きにしちゃってください問い合わせ(含むペプチド配列,純度,量,変更等の申し)によるメッセージ。 ご連絡いたしますお早めに、通常は24時間で営業日かかります。 送信してくださいメール:sales@difficultpeptide.com バルク注文のペプチドである。 感謝です。
無料相談

無料相談

    ご興味のある方は製品にもっと知りたいと思った詳細メッセージをどうぞここで、以降の回答となりますのでご了承ることができます。

ホーム

製品

ニュース

連絡先